ギャンブルの題名とも言える競馬。以前は競馬に対してネガティブなイメージを持つ女性が多かったものの、最近ではUMAJO(ウマジョ)と呼ばれる女性ファンが増えてきています。私の周囲にも、以前はギャンブルに対しむしろ嫌悪感を持っていたのに、競馬場に足を運ぶようになった女性が複数存在します。なぜ競馬は女性にウケるようになったのか気になり、UMAJOの友人に尋ねてみました。

まずは競馬場が広く、開放的で、綺麗であることが好印象なのだそうです。ギャンブル場と言えばビールとモツ煮、ゴミが散乱していてトイレは汚い…という時代はとっくに過ぎ去り、競馬ファンのマナー向上もあり場内は清潔で、カフェも併設されるなどグルメの充実も図られたことが功を奏しているようです。

また、馬が可愛いということも女性人気が高まった理由のひとつ。近年のペットブームに乗り、身近で馬の可愛さと逞しさに触れられる競馬場を動物園感覚で利用している女子も多いそうです。

そして競馬の醍醐味であるギャンブル性やスリル感は、当然UMAJOにとっても最大の魅力といえるポイント。ゴール前の緊張感や爽快感は日常で味わえるものでなく、ヤミツキになる理由なんだとか。定期的に開催されるセミナーで、馬券の買い方やマークシートの記入方法についても詳しく解説してくれることも、競馬を身近に感じるキッカケになったのだそうです。

競馬場は今やデートスポットや、家族で出かける場としても認識され、多くの女性に愛される存在になりました。最近競馬場に行っていないというギャンブル好きの方にとっても、競馬場は新しい発見ができる場になっているのかもしれません。