ギャンブルはお金を賭けるレジャーですから、お金に対する強いこだわりがどうしても出てしまいます。賭け金をどれくらいにするのが適切なのか、そのリターンでどのくらい儲かるのか、胴元はいくらとっているのかなど、ギャンブルには常にお金に関するあらゆることがつきまといます。

 ですが、ギャンブルではなぜかそういうことをあまり気にしない人のほうが儲けやすい傾向にあります。たとえば、競馬を例にしてみると、競馬の結果は誰がいくら賭けたかに影響しないです。賭けたお金はオッズという形で騎手にプレッシャーを与えたりしますが、基本的にレースの結果とは関係がないです。つまり、賭ける側がいくらお金のことを考えようと関係ないのです。

 ですが、ギャンブルをするときはどうしても賭け金や配当金のことが先に頭を過ってしまい、ギャンブルそのものについてどうすれば成功するのかを考えなくなってしまいます。これはギャンブルを通してお金にとらわれている証拠であり、あまり納得のいく結果にならないことが多いです。

 その点お金にとらわれていない人はギャンブルに対して真摯に向き合えますから、逆に儲けやすくなります。ですので、たとえギャンブルといえどもお金にこだわり過ぎてはいけないのです。